スポンサーリンク

目次

基本情報

公用語:オランダ語、フランス語、ドイツ語
通貨:ユーロ(1ユーロ=約122円)
日本との時差:-8時間
首都:ブリュッセル
気温:9~10月に雨が多い。平均気温は夏季で約17~20℃,冬季で約3~6℃

役立つフレーズ

オランダ語

ありがとう=”ダンキュウェル”


わかりません=”ドット プハラエ ピクニット”


いくらですか?=”フー デュア イス ダット?”


どうやってここに行けますか?=”ホー カンニ ヒヤ コーメン?"


どれくらいかかりますか?=”フゥー ラン デュ テット?”


ここはどこですか?=”ワー イズ ディト?”


おすすめは何ですか?=”ワートゥ ラードゥ ウ アン?”


フランス語

ありがとう=”メルシー”


わかりません=”ジェ ネ コンプホン パ”


いくらですか?=”セ コンビヤン?”


どうやってここに行けますか?=”クモン ピュトン イェリ?”


どれくらいかかりますか?=”サヴァ プランドゥ コンビヤン ドゥ タン?”


ここはどこですか?=”ウー ソム ヌー? ”


おすすめは何ですか?=”ケスク ヴム コンセイエ?”


ドイツ語

ありがとう=”ダンケシェン”


わかりません=”イフ ヴァシュティエ ニヒトゥ”


いくらですか?=”ヴィー フィール コステット ダス?”


どうやってここに行けますか?=”ヴィー コムト マン?”


どれくらいかかりますか?=”ヴィー ランゲ ダウアート エス?”


ここはどこですか?=”ウォー ズウェン ヴィエン?”


おすすめは何ですか?=”ヴァス エンプフェーレン スィー?”

スポンサーリンク

必需品

Image

パスポート

パスポートは必ず必要ですよね!
留学や観光などの目的や、滞在日数によってもビザが必要不必要が変わるので事前に確認しましょう。

航空券

ツアーの場合は、旅行会社が替わりにやってくれる場合もありますが、これも無くすと面倒です。パスポート同様、特に往復切符の場合は、旅行中無くさないように注意してください。

クレジットカード

両替するのに比べ、手数料がかなり低く抑えられるため、クレジットカードも必需品といえます!

現金

現地の両替所や空港で日本円をユーロに変えられますが、レートがよくないので日本で両替してから行くようにしましょう。

ビザ

90日以内の観光目的の滞在ならビザは必要ありません。※必ず最新情報を確認しましょう!

海外旅行保険

万が一のことを考え、必ず海外旅行保険には加入するようにしましょう。様々なプランがありますのでぜひ自分に合ったものをお選びください。

ポケットWi-fi

Wi-Fiについては下のコラムでまとめてあります。

変圧器・変換プラグ

ヨーロッパではフラグはCタイプで電圧も日本の電化製品が対応していない場合も多いくらいの高さになっているので、変換機、変圧器は準備しましょう。

物価

Image
内容 価格
交通機関 1.7~2EUR
(約207~244円)
1.7~2EUR
(約207~244円)
初乗り2.4EUR(約293円)
1kmごとに1.3~2EUR(約159~244円)
消耗品 1.3~1.5EUR
(約159~183円)
0.8~1.2EUR
(約98~146円)
1~1.5EUR
(約122~183円)

※価格はすべて通貨のレートなどにより変動します

予算

内容 価格(月額)
航空券 ¥60,000円~180,000円 ¥200,000円~450,000円 航空券の値段は時期によって大きく変動します。そのためリーズナブルな旅をしたい方は卒業旅行シーズンゴールデンウィーク夏休みといった繁忙期の直後を狙って航空券を購入してみてください。
宿泊費 €30~70
(約1,100円~7,800円)
€70~120
(約7,800円~13,500円)
€120~200
(約13,356円~22,260円)
最近ではAirbnbなどの民泊も旅行の魅力の一つです。現地の人々の生活をより一層感じれると思いますので、ぜひご確認ください。
観光費用 €10〜25 €8 €10

※価格はすべて通貨のレートなどにより変動します

スポンサーリンク

Wi-fi

Image

ベルギーでは空港内、路面電車、大多数のホテル、カフェや飲食店に無料Wi-Fiサービスがあります。しかし一部交通機関や都市部を離れると未整備である場所もあるようです。また速度や安定性などは使う人によってストレスを感じると思います。不安な人や移動中も使いたい人は事前にSIMカードを購入するか、空港などでWi-Fiルーターを借りておくことをおすすめします。

交通

Image

ベルギーでの主な移動手段は電車、バス、タクシーになります。市内移動で使う路面電車や地下鉄、バスはどれも地下鉄の駅でチケットを買うことができ、共通で使えます。また回数券や期間乗り放題券を買うと、移動の多い観光客にはお得な場合が多いのでおすすめです。タクシーについては駅や観光地周辺にある乗り場から乗るか、配車アプリやホテルで手配して乗るのが一般的です。流しのタクシーを捕まえることは難しいのでその点は注意してください。都市間の移動では国鉄が便利です。駅の窓口や券売機でチケットを購入します。事前にオンラインサイトやアプリで路線を確認しておくことをおすすめします。

チョコレート

日本でもスイーツ好きな人なら誰でも知っていると言っていいほどベルギーのチョコレートは有名です。王室御用達のものから地域特産のものまで実に多種多様です。またベルギーにはチョコレートに関する厳しい品質ルールがあり、ゆえにどの商品も高い質を誇っています。有名ブランドからご当地のものまで、ぜひ自身のお気に入りをみつけてみてください!

食事

ベルギーといえばスイーツを思い浮かべる人も多いと思いますが、多様な文化が混ざり合うこの国では食も色々なものがあり、海の幸や山の幸を用いた美食が数多くあります。中でも日本でも有名なGODIVAの本店があったりと、チョコレートやワッフルはとても有名で女性には素晴らしい町です。

治安

ベルギー近年起きたテロ事件などから安全を不安視する声もありますが、犯罪統計からみても重犯罪に巻き込まれる可能性は低いといえます。しかし観光地や繁華街、駅構内での観光客を狙ったスリやひったくりといった軽犯罪が多く起こっているので、持ち物は少なくして注意して管理するようにしてください。また基本ですが深夜の外出や人気のない場所は避けるようにしましょう。

ベルギーでは水質管理は厳しく、水道水も安全ではありますが、日本の軟水と違いヨーロッパの多くの国と同じ硬水です。味や腹を壊すのが心配な人はミネラルウオーターを買いましょう。また市販の水には炭酸のものもあるので事前に確認をおすすめします。

スポンサーリンク