スポンサーリンク

目次

基本情報

公用語:中国語
通貨:中国人民元(1円=約0.06元)
日本との時差:-1時間
首都:北京
気温:北京では平均気温は-3~26℃,上海では平均気温は4~28℃,香港では平均気温は13~28℃

役立つフレーズ

ありがとう=”シェイシェイ”


わかりません=”ブーミンバイ”


いくらですか?=”ドゥオーシャオチィエン?”

どうやってここに行けますか?=”ゼモヌンチュー?”

どれくらいかかりますか?=”ヤオドゥオジュウ?”

ここはどこですか?=”ジェーシィーナーリー?”

おすすめは何ですか?=”ニートゥイジィエンシェンモ?”

スポンサーリンク

必需品

Image

パスポート

パスポートは必ず必要ですよね!
留学や観光などの目的や、滞在日数によってもビザが必要不必要が変わるので事前に確認しましょう。

航空券

ツアーの場合は、旅行会社が替わりにやってくれる場合もありますが、これも無くすと面倒です。パスポート同様、特に往復切符の場合は、旅行中無くさないように注意してください。

クレジットカード

両替するのに比べ、手数料がかなり低く抑えられるため、クレジットカードも必需品といえます!

現金

日本国内での両替はレートがかなり良くないので、ホテルの両替所か、中国の銀行で両替しましょう。

ビザ

15日以内の観光ではビザは必要ありませんがそれを超える場合は30日間の観光ビザなどを取得しましょう。

海外旅行保険

万が一のことを考え、必ず海外旅行保険には加入するようにしましょう。様々なプランがありますのでぜひ自分に合ったものをお選びください。

ポケットWi-fi

Wi-Fiについては下のコラムでまとめてあります。

変圧器・変換プラグ

コンセントの形状は日本と同じなので変換器は必要ありません。しかし電圧は日本の倍の220Vほどありますので電化製品が対応しているかをよく調べ、変圧器を準備しましょう。

Wi-fi

Image

中国ではgoogleサービスを含む色々なWEBサービスへの接続に障害が起きる場合があります。そのため普通のWi-Fiではなく、ネット規制を回避するためのVPNをもったWi-Fiをレンタルして下さい。各通信会社に色々なプランがありますが、もし香港やマカオにも行く場合は周遊」プランがおすすめです。

予算

内容 価格(月額)
航空券 ¥30,000~¥50,000 中国は国土が大きいため場所と時期によって変動が激しいですががおおよそ3-5万で渡航可能です。
宿泊費 ¥1,000~ ¥6,000~ ¥30,000~ Airbnbなどの民泊も旅行の魅力の一つです。ぜひご確認ください。
観光費用 時期によって変動しますが基本的に夏より冬の方がお得に観光できます。近年の物価上昇によって入場料で2000円ほどかかることもあるため各自の旅行プランを考える際は季節を考慮して料金を確認しておきましょう

※価格はすべて通貨のレートなどにより変動します

物価

Image
内容 価格
交通機関 3~10CNY
(約50~165円)
10キロ内大体2CNY(約33円)
5キロごとに大体1CNY(約16円)
初乗り13CNY(約215円)
1kmごと2.3CNY(約38円)
消耗品 2.9CNY
(約50円)
3~5CNY
(約50~83円)
2.2CNY
(約36円)
4~5CNY
(約66~83円)
消耗品 100~130CNY
(約1650~2150円)
12~15CNY
(約205~248円)
3CNY
(約50円)
200~250CNY
(約3300~4130円)
40~50CNY
(約460~820円)
25~40CNY
(約412~460円)
60~80CNY
(約990~1320円)
3.5~4CNY
(約58~66円)
18~25CNY
(約300~412円)

※価格はすべて通貨のレートなどにより変動します

スポンサーリンク

交通

Image

中国での主な移動手段はバス、地下鉄、タクシーになります。それぞれについて補足していくと、バス:基本的に一律2元です。お釣りがでないことが特徴なので必ず硬貨は沢山もっておきましょう。前の入口から乗車し硬貨を入れれば大丈夫です。また百度地図アプリを用いれば、乗り換え等も分かって便利です。 地下鉄:都市部は整備されており、自動券売機で買うことができます、値段も日本より安く大体15元以下であらゆる所にいけます。また旅行者のために1日乗車券もあるのでそれも便利です。 タクシー:行きたい場所に公共手段がない場合に便利です。値段は市内移動なら数十元で大丈夫です。また外国人に対して遠回りされるなどの心配があるので、出来るだけ大手のタクシー会社を使うようにしてください。(例:大衆、綿江)車内に運転手の情報カードが載ってあるかも判断の基準になります。

ホテル設備

ホテルの設備に関しては泊まるホテルのサイトを見るのが1番確実ですが、リゾートホテルでは日本と変わらない設備が整っていると思います。また安く泊まりたい人向けのビジネスホテルにも基本的なアメニティは揃っているのがほとんどです。ただビジネスホテルは環境音が気になることがあるので、嫌な人は注意してください。日本と違いバスタブは基本的にないので気をつけてください。今ではWi-Fiが備わっているところもとても多いです。

ホテルのチェックイン・アウト

中国のホテルは基本的にチェックインは昼以降、チェックアウトは12時までの所が多いです。また到着が遅れるときは必ずホテルに連絡するようにして下さい。最悪予約がキャンセルになることもあります。チェックイン時にはパスポートが必要になり、またシートの記入を要求されたりもします。また外出時にフロントで荷物を預かってくれることが多いので聞いてみてください。

盗難

盗難やスリですが、基本的にバッグや貴重品を置いておいて移動するのはやめて下さい。以前よりそういう被害は確実に減ってますが、まだ日本よりは遥かにリスクがあります。外出時も体の前に掛けれるポーチ等が望ましいでしょう。また観光地だと土産屋や路上で押し売りする人もいますが、無視して立ち去れば問題ないです。

治安

治安に関しては都市部では比較的安全で上海や北京では夜に1人で外出しても問題はありません。しかし路地裏や人通りが少ない場所はやはり何があるか分からないので、用がない場合には行かないようにしましょう。

水道水は日本と違いヨーロッパ等と同じく硬水です。衛生に関してもあまり良くはないので、基本的にはスーパーやコンビニで安く売られているペットボトルの水を買うようにしましょう。

食事

食事面ですがなまものは控える方がいいです。日本より衛生は大きく劣ると思ってください。普通のレストラン等の飲食店ならば何ら問題はないと思われますが、道端にある屋台などはとても安い分、腹を下す等多少のリスクはあります。
グルメを見る

医療

病院はサイト等を調べて外国人向けの病院を利用するのがおすすめです。保険等が適用されたり日本語を使えるスタッフがいることもあるのがメリットです。またローカルの病院ですが、中国は病院によってサービスの質に差がかなりあるので、事前にホテルや現地の人に聞いてからいくのをおすすめします。また待ち時間が基本的に長いのも特徴です。料金は基本先払いになります。

スポンサーリンク