スポンサーリンク

目次

基本情報

公用語:ギリシャ語
通貨:ユーロ(1ユーロ=約122円)
日本との時差:-7時間
首都:アテネ
気温:12~3月に雨が多く,夏季は非常に晴天が多い,平均気温は夏季で約25~7℃,冬季で約10~12℃

役立つフレーズ

ありがとう=”エフハリスト”


わかりません=”ヴェント カタラヴェノ”


いくらですか?=”ポソカニ?”


どれくらいかかりますか?=”ポセス オレス セリ?”


ここはどこですか?=”ポス レイェテ アフト ト メロス?”


おすすめは何ですか?=”ティ マス プロティネテ?”

スポンサーリンク

必需品

パスポート

パスポートは必ず必要ですよね!
留学や観光などの目的や、滞在日数によってもビザが必要不必要が変わるので事前に確認しましょう。

航空券

ツアーの場合は、旅行会社が替わりにやってくれる場合もありますが、これも無くすと面倒です。パスポート同様、特に往復切符の場合は、旅行中無くさないように注意してください。

クレジットカード

両替するのに比べ、手数料がかなり低く抑えられるため、クレジットカードも必需品といえます!

現金

現地の空港や両替所、銀行やホテルで日本円をユーロに変えられます。
空港・ホテル→  夜遅くまで空いていて便利
銀行→ レートが一番いい

ビザ

90日以内の観光目的の滞在ならビザは必要ありません。※必ず最新情報を確認しましょう!

海外旅行保険

万が一のことを考え、必ず海外旅行保険には加入するようにしましょう。様々なプランがありますのでぜひ自分に合ったものをお選びください。

ポケットWi-fi

Wi-Fiについては下のコラムでまとめてあります。

変圧器・変換プラグ

ヨーロッパではフラグはCタイプで電圧も日本の電化製品が対応していない場合も多いくらいの高さになっているので、変換機、変圧器は準備しましょう。

Wi-fi

ギリシャでは空港内、大多数のホテル、カフェや飲食店に無料Wi-Fiサービスがあります。しかし一部交通機関や都市部を離れると未整備である場所もあるようです。また速度や安定性などは使う人によってストレスを感じると思います。不安な人や移動中も使いたい人は事前にSIMカードを購入するか、空港などでWi-Fiルーターを借りておくことをおすすめします。

物価

内容 価格
交通機関 1.4EUR
(約171円)
1.4EUR
(約171円)
初乗り3EUR(約366円)
1kmごとに0.6EUR(約80円)
消耗品 0.5~0.8EUR
(約61~98円)
1.2~1.5EUR
(約146~183円)
0.6~0.8EUR
(約80~98円)

※価格はすべて通貨のレートなどにより変動します

予算

内容 価格(月額)
航空券 ¥150,000台~ ¥70,000~ 航空券の値段は時期によって大きく変動します。そのためリーズナブルな旅をしたい方は卒業旅行シーズンゴールデンウィーク夏休みといった繁忙期の直後を狙って航空券を購入してみてください。
宿泊費 ¥6900
~10350
¥11500
~16100
¥17250〜
観光費用 €3
(266円)
€30
(2660円)
€30
(2660円)

※価格はすべて通貨のレートなどにより変動します

スポンサーリンク

交通

都市部での主な移動手段は電車、バス、タクシーです。また地中海の島々に行くには専用のフェリーか高速船を使います。バスは停留所の券売機で購入します。またアテネ市内は地下鉄が主要な場所と繋がっており便利です。またタクシーについてはメーター制を用いている車もまだまだ少なく、乗車前に目的地とそれにかかる費用を事前に聞いておくことをおすすめします。ギリシャ国内の移動では鉄道を使うことが多いです。駅やオンラインサイトでチケットを購入できます。事前の購入が必須なので忘れずにチェックしておきましょう。また鉄道が走ってない場所でも長距離バスの路線が充実しているのでそちらを使う手もあります。

離島

ギリシャは国土の約20%をエーゲ海等に浮かぶ島々が占めており、その数は3000を超えます。日本でも観光地として有名なサントリーニ島だけでなく、それぞれの島々に特徴があり、気候と美しい自然に恵まれ世界中からバカンスに訪れる人々で賑わいます。ぜひギリシャの離島で思う存分リゾートを楽しんでください!

食事

ギリシャ料理は地中海文化を強く反映しており、無形文化遺産に登録されるほどです。魚介類ももちろんのこと野菜を多用することでも知られています。特にトマトはよく使われます。オリーブオイルをふんだんに使った香りの良い料理はどれも食欲をそそるものばかりで、ぜひ一度自身のお気に入りをみつけてみてください!

治安

ギリシャでは温厚な国民性から犯罪率はそれほど高くなく、重犯罪に巻き込まれる可能性は低いといえます。特に地中海の島々や郊外ではより治安が良いといわれますが、観光地や繁華街、駅構内での観光客を狙ったスリやひったくりといった軽犯罪は起こっているので、持ち物は少なくして注意して管理するようにしてください。また基本ですが深夜の外出や人気のない場所は避けるようにしましょう。

ギリシャでは一部では水道水を飲めるところもありますが、基本的には市民も飲みません。また日本の軟水と違い硬水なので、市販のミネラルウォーターを買って飲むことをおすすめします。

スポンサーリンク