スポンサーリンク

目次

基本情報

公用語:ヒンディー語・英語・各州公用語
通貨:ドン(1円=約0.62ルピー)
日本との時差:-3.5時間
首都:デリー
気温:北部では3~5月が暑季で平均気温34~5℃,6~9月が雨季で平均30~1℃,10~2月が乾季で平均18~9℃
中西部では6~9月が雨季で平均27~8℃,10~5月が乾季で平均25~7℃
南部では4~6月が暑季で平均気温29~32℃,7~12月が雨季で平均26~29℃,1~3月が乾季で平均24~6℃

役立つフレーズ

ありがとう=”Thank you”


わかりません=”I don't know”


いくらですか?=”How much?”

どうやってここに行けますか?=”How can I go there?”

どれくらいかかりますか?=”How long does it takes?”

ここはどこですか?=”Where is this?”

おすすめは何ですか?=”What do you recommend?”

スポンサーリンク

必需品

Image

パスポート

パスポートは必ず必要ですよね!
留学や観光などの目的や、滞在日数によってもビザが必要不必要が変わるので事前に確認しましょう。

航空券

ツアーの場合は、旅行会社が替わりにやってくれる場合もありますが、これも無くすと面倒です。パスポート同様、特に往復切符の場合は、旅行中無くさないように注意してください。

クレジットカード

両替するのに比べ、手数料がかなり低く抑えられるため、クレジットカードも必需品といえます!

現金

ホテルなどでの両替はレートがよいのでお勧めできますが、空港での両替はなるべく避けましょう。他には銀行などでの両替も可能です。

ビザ

インドのビザはかなり複雑なうえに規定がよく変わることがありますので、必ず最新の情報を調べましょう。旅行者のみなさんはeツーリストビザを取得することになるはずです。取得は4日前まで、支払いは倉治っとカードのみ、などの規約をご確認ください!

海外旅行保険

インドで特に注意したいのが病気です。食べ物飲み物からの感染が多いことに加え、蚊の媒介するデング熱などにも気を付けなくてはなりません。そのため海外旅行保険には加入しましょう。様々なプランがありますのでぜひ自分に合ったものをお選びください。

ポケットWi-fi

Wi-Fiについては下のコラムでまとめてあります。

変圧器・変換プラグ

日本のコンセントはAタイプとよばれるもので、インドではB3,B,Cタイプのコンセントがほとんどです。ですので携帯の充電や電荷製品を使いたいという方は変換プラグを買っておいた方がいいです。インドに限らず、中国や韓国または東南アジアなどでもAタイプのコンセントがない場所も多いので、全世界対応の変換プラグなどをこの際に買っておくことをおすすめします!

Wi-fi

Image

インドでは近年になって都市部や主要な駅などで無料Wi-Fiサービスの普及が広まってきていますが、通信速度やセキュリティーに不安があり、安心してネットサービスを使いたい人はルーターを空港で借りることをおすすめします。またホテルでは基本的にWi-Fiを設置してある所が多いですが、有料や使用場所が限定されているなど不便な場合も多々あります。そして駅やお店にでは、Wi-FiサービスにSMS認証が必要な場合が多く、使うのであれば事前に受信できるかご自身の携帯で確かめておきましょう。

物価

Image
内容 価格
交通機関 10~30INR
(約16~48円)
初乗り18INR
(約29円)
:事前の値段交渉
が多い
※リキシャも目的地によって交渉で価格を決めることがほとんどです
消耗品 10INR
(約16円)
30~40INR
(約48~64円)
120~130INR
(約192~208円)
15~25INR
(約24~40円)
名物 20~30INR
(約32~48円)
80~110INR
(約108~176円)
56INR
(約90円)
10INR
(約16円)
30~40
(約48~64円)
210INR
(約336円)
150~170INR
(約240~272円)
15INR
(約24円)
50~70INR
(約80~112円)

※価格はすべて通貨のレートなどにより変動します

スポンサーリンク

予算

内容 価格(月額)
航空券 ¥40,000~ ¥90,000~¥140,000
宿泊費 ¥12,000~ ¥3,000~ ¥7,000~ インドは他の国に比べてデラックスクラスのホテル宿泊費が安くなっているため少し余裕のある方はデラックスクラスのホテルで非日常を体験してみるのもいいかもしれません!>また、Airbnbなどの民泊も旅行の魅力の一つです。ぜひご確認ください。
観光費用 1,500円 825円 ページ上部の地図から選択していただくと観光地のギャラリーが見れるようになっているため是非チェックしてくださいね

※価格はすべて通貨のレートなどにより変動します

交通

Image

インドでの主な交通手段は都市部で整備されている地下鉄か、リキシャとよばれる小型三輪車で、東南アジアではトゥクトゥクなどと呼ばれているものです。リキシャに乗る際に観光客はよく料金トラブルに巻き込まれてしまいます。メーターが付いているもののそれをつけないことが多く、高額な請求をされることもよくあるので、事前に目的地と費用を必ず聞きましょう。そして必ず金額を答えてくれたリキシャに乗ってください。また運転手が道を変えたいや、ここは通れないなどと言ってきたら降りることも大事です。リキシャは至る所にあるので、怪しいとおもったらすぐに料金を払って下車しましょう。続いて都市部を走る地下鉄ですが、日本の地下鉄とそれほど変わらず、チケットがコイン式になっていたりしますがそれほど困ることはないと思います。窓口で買う場合はどこへ行きたいかを伝えましょう。またツーリストカードなどの全線が期間中乗り放題になるものもあり、値段も安く旅行者にはうってつけです!

ホテル

旅行するにあたって宿泊施設の内容は気になる所です。都市にもよりますがインドのいわゆる標準的なホテルは設備がそれほどよくなく、バスタブもなければシャワーも水しか出ないことも頻繁にあります。寝泊まりだけの分には問題ないと思いますが、移動疲れなどが溜まった日にはストレスになるかもしれません。もう一つ上のいわゆる高級ホテルに泊まると、日本でいうビジネスホテルのような感覚になると思います。設備も整っており清潔で、朝食を提供してくれる場所も多いです。快適に旅行したい方はこのクラス以上での宿泊をおすすめします。またインドに来てせっかくなら激安で過ごしたい人もいるかと思います。インドにはいわゆる安宿街があり千円以下で泊まれる場所も多くあります。しかし中はほとんどがベッドしかないといった感じなので泊まる人はそれを念頭において下さい。また旅行者だと分かると街中で悪質な宿泊の勧誘等があり、料金が高騰する可能性もあるので、ホテルは事前に予約しておくのが無難です。

食事

インドといえば誰もがカレーを想像するようにインドでは毎日のようにカレーが食べられています。一口にカレーといってもインドの宗教関連で野菜のみのベジとそうでないノンベジに分かれていたり、味も本当に様々な種類があります。辛さは全体的に日本よりは辛めですがナンやチャパティと一緒に食べると丁度良くておいしいです。いきなりどうしていいか分からないひとは"Thali"といわれるカレーと主食やおかずがセットになった定食で頼むのがおすすめです。ぜひインドで自分のお気に入りカレーを見つけてみて下さい!

治安

インドに行く方は主に タージマハルなどの観光地が多い北インドに行くと思いますが、北インドでは街中での客引きや詐欺などが多いです。基本的には無視することが大事ですが、集団で情報統制して話してきたりもするので、1番大事なのは事前に自分たちで確実な情報を掴んでおくことです。"施設がつぶれた"または"こうやって行った方が安い"などの情報に騙されないようにしましょう。また夜間や人通りの少ない路地は当然トラブルや犯罪に巻き込まれやすいので避けてください。

衛生

インドで健康的に過ごすためにも気をつけてほしいのが、必ず市販のミネラルウォーターを飲むこと、そして生ものを避けることです。また安い屋台や街の飲食店で食事をしてみたい人もいるかと思いますが、そういった場所では基本的に火の通ったものを食べるようにしましょう。リスクは避けるに越したことはありません。

スポンサーリンク