スポンサーリンク

目次

基本情報

公用語:英語・中国語・タミル語・マレー語
通貨:シンガポール・ドル(1円=約0.012ドル)
日本との時差:-1時間
首都:シンガポール
気温:4~9月が乾季で,10月~3月が雨季,平均気温は26~9℃

役立つフレーズ

ありがとう=”Thank you”


わかりません=”I don't know”


いくらですか?=”How much?”

どうやってここに行けますか?=”How can I go there?”

どれくらいかかりますか?=”How long does it takes?”

ここはどこですか?=”Where is this?”

おすすめは何ですか?=”What do you recommend?”

スポンサーリンク

必需品

Image

パスポート

パスポートは必ず必要ですよね!
留学や観光などの目的や、滞在日数によってもビザが必要不必要が変わるので事前に確認しましょう。

航空券

ツアーの場合は、旅行会社が替わりにやってくれる場合もありますが、これも無くすと面倒です。パスポート同様、特に往復切符の場合は、旅行中無くさないように注意してください。

クレジットカード

両替するのに比べ、手数料がかなり低く抑えられるため、クレジットカードも必需品といえます!

現金

日本国内での両替はレートがかなり良くないので、現地で両替しましょう。

ビザ

基本的にはシンガポールはビザは不要ですが、必ず最新の情報を調べましょう。滞在日数が30日を超える場合やパスポートの有効期限が6か月を切っていると必要になるなどの条件があります。

海外旅行保険

万が一のことを考え、必ず海外旅行保険には加入するようにしましょう。様々なプランがありますのでぜひ自分に合ったものをお選びください。

ポケットWi-fi

Wi-Fiについては下のコラムでまとめてあります。

変圧器・変換プラグ

シンガポールのコンセントは日本のAタイプとよばれるものではなく、BFタイプという3つ穴式のもので、利用するには変換プラグを持っておく必要があります。また電圧も日本の倍以上ある230Vなのでお持ちの電化製品を使う際は製品情報から対応しているかを確認して下さい。シンガポールに限らず海外ではAタイプでない国も多く存在するので、この際世界対応している変換プラグの購入をしてみてはいかがでしょうか。

Wi-fi

Image

シンガポールはITなどにおいて技術が進んでいることもあり、政府が"Wireless@SG"という無料の公共Wi-Fiを提供しており、対応する場所で自由に使えます。また飲食店やショッピングモール、ホテルなどでも無料Wi-Fiがあり、速度もそこまで遅くないので、さほど不便には感じないかと思います。しかし移動中や外出した際に道や目的地を調べたりしたい人や不安な人はWi-Fiルーターを借りておくことをおすすめします。

物価

Image
内容 価格
交通機関 1.4~2.1SGD
(約113~170円)
1~2.5SGD
(約81~202円)
初乗り大体3SGD(約243円)
1kmごとに大体0.55SGD(約45円)
消耗品 1.5SGD
(約123円)
1.7~3SGD
(約136~243円)
3.9SGD
(約330円)
3.6~4.3SGD
(約288~344円)
名物 2SGD
(約162円)
4SGD
(約324円)
7.3SGD
(約584円)
5SGD
(約405円)
3.7SGD
(約300円)
0.6SGD
(約50円)
2.7SGD
(約219円)
70~80SGD
(約5670~6480円)
4~4.5SGD
(約324~365円)

※価格はすべて通貨のレートなどにより変動します

予算

内容 価格(月額)
航空券 ¥60,000~ ¥56,000~ ¥55,000~ 繁忙期には10万円以上になることもあるため早めに予約、確認をお願いします。
宿泊費 ¥8,000~ ¥15,000~ ¥25,000~ Airbnbなどの民泊も旅行の魅力の一つです。ぜひご確認ください。
観光費用 39SD(約3200円) 28SD(約2300円)

※価格はすべて通貨のレートなどにより変動します

スポンサーリンク

交通

Image

シンガポールにおいて主要な交通手段は3つあり、地下鉄(MRT)とタクシーと路線バスです。MRTはシンガポール市内の至る所を走っており、特に観光地などは必ずといっていいほど近くに駅があります。日本の地下鉄とそれほどシステムも変わりませんが、チケットは3種類あり、普通の切符と同じ役割のスタンダードチケットと、MRTとバス両方に使えるez-linkカードにMRTとバスへの乗り放題券と同じのツーリストパスです。ツーリストパスのみがMRTの主要駅の窓口で購入可能です。頻度によって異なりますが、ツーリストパスは一々買わなくてもよくなるので観光客におすすめです。タクシーは日本に比べて安く、目的地に行く手段としてとても便利です。システムは日本のタクシーとほとんど同じですが、市内などではタクシーの駐車を禁止している黄色い線が引かれている場所もあるので、注意しておいてください。メーター制になってますが、一応乗る前に運転手に目的地とおおよその費用を聞いておくといいかと思います。路線バスに関しては停留所にバスが来たら乗車する意思をだし、前側から乗ります。現金かICカードで乗りますが、現金の場合お釣りがでないことに注意してください。また車内にはアナウンスがないので降りたい停留所とその前の名前も合わせて覚えておかないと乗り過ごす危険があるので、注意しておいて下さい。

観光

シンガポールといえばマリーナベイサンズホテルマーライオンなどをイメージする人も多いと思いますが、華やかなナイトショーやカジノがある一方で、本島からセントーサ島に向かえば、森林でのアスレチックやウォーターパークに、世界遺産にもなった巨大な植物園など実に多様な楽しみ方ができます。ぜひ自らお好みのプランを立てて大いに楽しんでください!

食事

シンガポール料理といえば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。公用語が4つあることからもわかるように、シンガポールには多様な文化に影響されて様々な料理が存在します。香港にあるような飲茶が楽しめたり、ラクサとよばれる東南アジア風の麺料理、一度食べたらやみつきになるチキンライスなどご自身でお好みのシンガポール料理をぜひ見つけてみて下さい!

治安

シンガポールの治安は世界的にみてもかなり良い部類に入り、犯罪率は日本を下回るほどです。ゆえに観光地や市内など1人で歩く分にも問題はほとんどないと思われますが、スリなどの軽犯罪に遭う可能性は否めないので、夜間や人ごみの中だけでなく普段から気をつけて行動することが望ましいです。

シンガポールでは浄水技術や処理も徹底されており、水道水も日本と同じで問題なく飲むことができます。ただ不安な人やそもそも水道水が嫌な人はコンビニやスーパーでミネラルウォーターが安く売られているので、必要に応じてお買い求めください。

スポンサーリンク