スポンサーリンク

目次

基本情報

公用語:スペイン語
通貨:ユーロ(1ユーロ=約122円)
日本との時差:-8時間
首都:マドリード
気温:年間通して降水量は多くない。平均気温は夏季で約25~8℃,冬季で約6~9℃

役立つフレーズ

ありがとう=”グラシアス”


わかりません=”ノー エンティエンド”


いくらですか?=”クアント クエスタ?”


どうやってここに行けますか?=”コモ プエド イガラ ギ?”


どれくらいかかりますか?=”クアント ティエンポ タルダス?”


ここはどこですか?=”ドンデ エサキ?”


おすすめは何ですか?=”ケ メ レコミエンダ?”

スポンサーリンク

必需品

パスポート

パスポートは必ず必要ですよね!
留学や観光などの目的や、滞在日数によってもビザが必要不必要が変わるので事前に確認しましょう。

航空券

ツアーの場合は、旅行会社が替わりにやってくれる場合もありますが、これも無くすと面倒です。パスポート同様、特に往復切符の場合は、旅行中無くさないように注意してください。

クレジットカード

両替するのに比べ、手数料がかなり低く抑えられるため、クレジットカードも必需品といえます!

現金

現地の両替所や空港で日本円をユーロに変えられますが、レートがよくないので日本で両替してから行くようにしましょう。

ビザ

90日以内の観光目的の滞在ならビザは必要ありません。※必ず最新情報を確認しましょう!

海外旅行保険

万が一のことを考え、必ず海外旅行保険には加入するようにしましょう。様々なプランがありますのでぜひ自分に合ったものをお選びください。

ポケットWi-fi

Wi-Fiについては下のコラムでまとめてあります。

変圧器・変換プラグ

ヨーロッパではフラグはCタイプで電圧も日本の電化製品が対応していない場合も多いくらいの高さになっているので、変換機、変圧器は準備しましょう。

物価

内容 価格
交通機関 1.5~2EUR
(約183~244円)
1.5~2EUR
(約183~244円)
初乗り2~2.4EUR(約224~293円)
1kmごとに1.2~1.4EUR(約146~171円)
消耗品 0.5EUR
(約61円)
1.5~2.5EUR
(約183~300円)
0.6EUR
(約75円)

※価格はすべて通貨のレートなどにより変動します

予算

内容 価格(月額)
航空券 ¥100,000〜 ¥70,000〜 航空券の値段は時期によって大きく変動します。そのためリーズナブルな旅をしたい方は卒業旅行シーズンゴールデンウィーク夏休みといった繁忙期の直後を狙って航空券を購入してみてください。
宿泊費 ¥10,000~20,000 ¥20,000~30,000 ¥30,000〜
バルセロナカード €20 €45 €55 バルセロナを観光する際に是非とも使っていただきたいのがバルセロナカードです。このカードを使うと市内の公共交通機関が乗り放題になったり、観光地への入場料が無料になったりと、お得なことばかりです!リーズナブルで充実した旅を希望の方は検討してみてください!また事前に日本国内でオンライン購入すると上記の値段の10%引きで購入することができます。事前にチェックしてみてください!

※価格はすべて通貨のレートなどにより変動します

スポンサーリンク

Wi-fi

スペインでは空港内、駅、公共施設、大多数のホテル、カフェや飲食店に無料Wi-Fiサービスがあります。また都市部では、市がサービスを提供してくれてたりします。しかし速度や安定性などは使う人によってストレスを感じると思います。不安な人や移動中も使いたい人は事前にSIMカードを購入するか、空港などでWi-Fiルーターを借りておくことをおすすめします。

交通

スペインの都市部では主な移動手段は電車、バス、タクシーです。電車のチケットは駅の窓口や券売機、さらにはオンラインサイトでも買うことができ、マドリードやバルセロナでは市内の至る所に繋がってるので非常に便利です。バスのチケットは、基本的に乗って運転手から購入します。また電車やバスは期間乗り放題券などもあり、移動の多い観光客にとってお得になることも多いのでチェックしておくことをおすすめします。タクシーについては観光地や市内にあるタクシー乗り場、もしくはホテルや配車アプリを使って手配して乗ります。

リゾート

スペインといえばヨーロッパでも屈指の好天気に恵まれる国です。南部や地中海沿岸のマラガ等では美しいビーチがありリゾート地として外国からの観光客も多く訪れます。また豊富な海の幸がとれることでも有名で、それらを使った美味しい料理も楽しめるでしょう。

食事

スペインでは食文化で他国と大きく異なることがあります。それは時間です。昼食は14時以降が多く、夕食も21時以降が当たり前といった感じです。飲食店もその時間まで開店しない場合も多いので、観光客が戸惑うのは有名な話です。しかし街中のバルやレストランはその分夜遅くまで賑わい、美味しいお酒と料理をたしなむ人々で溢れます。美食としても知られるスペイン料理の数々をぜひ思う存分楽しんでください!

治安

スペインは少し前まで治安が不安視される傾向もありましたが、現在では重犯罪に巻き込まれる可能性は低いといえます。しかし観光地や繁華街、駅構内ではスリやひったくりといった軽犯罪は度々起こるので、持ち物は少なくして注意して管理するようにしてください。また基本ですが深夜の外出や人気のない場所は避けるようにしましょう。

スペインでは水質管理は厳しく、水道水も安全ではありますが、日本の軟水と違いヨーロッパの多くの国と同じ硬水です。味や腹を壊すのが心配な人はミネラルウオーターを買いましょう。また市販の水には炭酸のものもあるので事前に確認をおすすめします。

スポンサーリンク