スポンサーリンク

目次

はじめに

みなさん突然ですがタイ旅行といえば何をしますか?
ワット巡り・マーケットで買い物・象乗りなんかもありですよね〜
ただ今回私は滝に行きました。
これがまた最高だったのでレポートします!

[必読]タイ旅行者必見!おすすめのWi-Fiを徹底紹介

1 エラワンの滝とは

まずそもそもエラワンの滝?なんて人も多いでしょう。現に私も行く少し前に初めて知りました(笑)
バンコクから北西に130kmほど離れた場所にカンチャナブリという都市があります。第二次世界大戦を描いた名作「戦場にかける橋」の舞台になったことで一躍有名になった場所ですね。
そこからバスで1時間半ほど行ったエラワン国立公園にあるのがエラワンの滝です。
タイでは最も美しい滝として有名な場所らしく、期待感が高まります!

2 バンコクからカンチャナブリへ

事前にバンコクに滞在していたので、前日の夜にバスでカンチャナブリに行くことにしました。
バンコク南バスターミナル(サイタイマイ)からバスに乗れます。(最終便は20:30だったと思います)
行き方としてはBTSシーロム線の「Bang Wa」駅からタクシーが一般的かと思います。少し時間がかかるので余裕を持って行くようにしてください!
着いたら1st Floorにチケット売り場があるのでスタッフにカンチャナブリと伝えれば問題ありません。その際に1等か2等どちらにするのか訪ねられると思います。私の時は時間も遅かったので2等しかなく、料金は一人100バーツほどでした。中は割と快適だったので2等でも問題ありませんでした。(クーラーが若干強かった)
3時間ほどもすればカンチャナブリに到着です。 Image時刻は23時くらいでしたが、バス乗り場の近くは屋台で食事する人もいました。
またバス以外に電車で行く方法もあります。クワイ川や田園地帯などの風光明媚な場所をゆっくりと走っていくので、旅情を楽しみたいと言った人にはぴったりです!
電車はトンブリー駅から出ますが、注意して欲しいのが7:50もしくは13:55発の計2回しか電車がないことです。ですのでどちらかで行ける方は電車を検討してみるのも良いですね!

3 カンチャナブリからエラワンの滝へ

エラワンの滝行きは、バンコクから到着した駅と同じ場所から出ています。
8170番バスがエラワンの滝行きで8:00が始発、そこから約1時間おきに運行しており帰りのバスは17:00がラストです。 Image車内はこんな感じで乗り心地は悪くないです!(周りは全員欧米人でした)
途中で国立公園の入園料として一人300バーツ払い、約1時間半で到着です!

スポンサーリンク

4 エラワンの滝を満喫

Image7つの滝から構成されており、3番以降は飲食物持ち込み禁止です!
Image特徴的な水の色と滝の音で素晴らしい眺めです。 Image水温も以外にちょうどよくて泳いでる人も沢山います(もちろん私も泳ぎました)
Image水の透明度にもびっくりですが、大きいうえに大量のドクターフィッシュ(笑)
足を入れると角質を食べてくるのですが、中々にくすぐったいです。 Image近くで見ると迫力も抜群!
ここでは飛び込みや滝行ができる他、天然のウォータースライダーもあり本当にいくらでも楽しめます!夏なのに辺りは涼しく空気は澄んでいるので座っているだけでも癒されますね。

スポンサーリンク

5 持ち物と注意点

以下では実際に行ってみて私がおすすめする持ち物リストを紹介します

  • ・水着(泳ぐには必須です、着替える場所がないので中にきておくことをおすすめします)
  • ・蚊よけシート(夏だと刺されるのが嫌な人は持っておきましょう)
  • ・軽食(途中までしか持てませんがあると便利です)
  • ・上着とタオル(水に入った後だと寒いので持っておきましょう)
  • ・防水ジッパー(カメラが防水なら問題ありませんが、スマホなら絶対あった方が良いです)
注意点ですが移動はスポーツサンダルがいいです。途中に水場を渡らなければならない場所もあり、スニーカーだと濡れます。一方ビーチサンダルだと滑るかもしれませんので気をつけてください。
次に時間ですが、私は始発で行くことを強くおすすめします!なぜなら人が少なくて水が綺麗・バスも比較的に空いているからです。なので行かれる方は少々早起きするとより満喫できますよ

さいごに

いかがでしたか?
タイで一番美しい滝はダテじゃありませんでした。楽しい・涼しい・癒される素晴らしい観光地スポットです!
タイでは年間を通して温暖な気候が続くので、いつでも楽しむことができます。
大自然に包まれる特別なひと時を過ごしてみませんか?

[必読]タイ旅行者必見!観光地から費用までまとめて紹介

スポンサーリンク