スポンサーリンク

目次

はじめに

こんにちは!今日は『入国審査』について詳しく説明していこうと思います!
皆さんは入国審査と聞いてどの様なことを思い浮かべますか?
「金属探知機で検査される」
「怪しげなゲートをくぐらされる」
といったイメージをお持ちの方々もいらっしゃっると思います。
また海外に行ったことがある人でも
「あの時どんなことしたっけな」
と不安になる方もいると思います。
そこで!
今回は簡単な入国までの流れと注意点知っておくと助かる英語などについて簡単に説明していきたいともいます!

1入国までの流れ


飛行機を降りたらまずは入国審査場(immigration/passport control)へ向かってください!
ここではパスポート入国カードビザ(必要な場合)を使います!カウンターに並んでいる間に準備しておくとスムーズに入国審査に望めるでしょう!
入国カードは飛行機の機内で配布されます。無くさない様に手荷物にしまっておくことをお勧めします!

2 入国審査

順番が回ってきたらいよいよ入国審査に行きます!普段から外国人に接する機会のない方は少し緊張するかもしれませんがある程度聞かれる内容などが決まっていますので安心してください! 入国審査でされる質問と解答例 当然ですが入国審査は英語でいくつかの質問に答えることとなります!
しかし安心してください!
ここに書かれた通りの回答をしていただければあなたは無事に入国する事ができます!

パスポートの提示


ますはパスポートを要求されます!快く提示しましょう!(パスポートのケースなどからは取り出した状態にしましょう)

渡航の目的について


次に多くの場合は入国の目的について聞かれます!正直に答えましょう!
(もちろんテロを起こしに来ましたなどと言った冗談は控えましょう)

何日間滞在するのか



もしも審査官の方が言っていることが理解できなくなってしまった時は落ち着いて What was that? / Could you say that again? / Pardon ? と言いましょう!
これらはいずれも「もう一度言ってください」と言う意味になります!そして I am not good at English. Please speak slowly. と伝えましょう!
(私は英語が得意ではありません。もう少しゆっくり話してもらっていいですか?)

3 荷物の受取

Baggage claimと書かれた場所でベルトコンベアに乗って流れてくるあなたの荷物を待ちましょう!
海外の空港では日本の空港と違ってスーツケースを雑に扱われることが多々あります!
もしもあなたの大切なスーツケースを汚したくないのならば
DMM.comに代表されるスーツケースレンタルを利用するのも一つの手かもしれません!
DMM.comはレンタルスーツケースの種類が豊富なので私も毎回利用させていただいています!
「滅多に旅行に行かないのに高いスーツケースを買うのは嫌だ」
「せっかく買ったお気に入りのスーツケースを壊されたくない」
「海外初心者だから必要なものを揃えるのが大変」
と言う方々にとってとても良心的なサービスだと思います!
一般的にサムソナイトの30000円以上しますので、実際に自分が使ってみて、本当にいいと思ったら購入するのがいいと思います!

Card image cap

【DMM.com】スーツケースレンタル

・破損や故障の保証がついているため海外旅行の際も安心!
・サムソナイトが安くレンタルできる!
・変換プラグやバックなど旅行に必要なものを一緒にレンタルできる
・往復の送料が無料
・大手企業こその安心感

公式サイトはこちら

4 税関

税関手続き方法は国によって違います。
カメラやパソコン、タバコの持ち込みは税関申告や、関税の対象になる場合もあります。
たとえばアメリカでは、申告しなければならないものがあったとしてもなかったとしても必ず「税関申告書」が必要です。
この様に国によって税関の手続き方法が違いますので旅行前に必ず「国名 税関」とった風に検索してみてください!

5 入国

いよいよ入国です!初めての海外旅行はあなたにとってとても刺激的な体験になるでしょう!
たくさんの文化に触れ、たくさんの経験をして、旅を好きになってくださいね!

スポンサーリンク