スポンサーリンク

目次

はじめに

今回はパスポート更新の方法についてわかりやすく解説していきます!
大学生や専門学生などは海外旅行に行きたい時期ですよね!!
私も実際に夏休みや春休みを利用して世界中を飛び回っている典型的な 『旅好き大学生』です笑
そしてこんな私にもついにこの時がやってきました。
『パスポート更新』です。
こういった公的な手続きにめっぽう弱い私は今までこういう類の手続きを親に任せっきりにしてしまっていました笑
しかし!!
今私は親元を離れ、東京で一人暮らし中なので全て自分でやらなければいけません!
だが皆さん安心してください!
こんな私でも

ちゃんと更新することができました!!!
そこで!
本当に誰でもわかるようなパスポートの更新方法について皆様にもお伝えしたいと思います!
(長い茶番に付き合っていただきありがとうございました笑)
では具体的に1から説明していきます!

1 パスポートの種類について

まずパスポートには2種類あるということを知っていますか?
『5年用』『10年用』です!
「20歳になる前に家族との海外旅行のためにパスポートを取った」
という方も多いのではないでしょうか?
そんな方は未成年の取得できる『5年用』になっていると思います!
パスポートをまだ取得していない方はこちらの記事を参考にしてください!
初心者必見!パスポートの取得方法
「自分が実際にどっちのパスポートを持っているのかわからない」
「自分がいつパスポートを取得したのか覚えていない」
というそこのあなたはパスポートの色を確認してみてください!
表紙の色が青色の方は5年用、表紙の色が赤色の方は10年用です!

2 更新について

まず上記の期限を過ぎており、更新が必要とわかった方はお近くの役所に行き「旅券(申請)のご案内」という小冊子をもらってきてください!

この小冊子に必要なものは一式記載されているためここでは注意すべき点だけ述べさせていただきます!
写真
まずは写真について周囲すべき点について述べたいと思います!
改めてパスポートを更新する際には「6月以内に撮影された写真」が必要です!
サイズは45cm×35cmとなっており、普段履歴書等に使用しているものとは異なるため新たに撮影し直す必要があります!
最近の証明写真機にはパスポート用と記載されたものが多いためそちらを選択していただければOKです!
もちろんですがこの写真はパスポートに使われるため、10年用であれば10年間,
5年用であれば5年間、海外旅行の際に常にあなた自身を示すものとなります!
出来るだけかっこいい、かわいい写真を撮るように心がけましょう笑
(ただし、前髪が目にかかっていたり、横を向いている写真は使用することができないため注意してください)
前回取得したパスポートを持参すること
当たり前ですが、必要ないと勘違いして、更新の際に持ってくるのを忘れる人がいます!前回までのパスポートは更新の際に穴を開けて、正式に処理するため必ず持参しましょう!
住民票
こちらは住民登録をしている地域以外でのパスポート更新を行う際にのみ必要となります!
ですので、一人暮らしをしている大学生などは早めに親に自分はどこに住民登録されているのか確認しましょう!(本籍は関係ないので安心してください)
また地域によっては更新日によって住民票の必要不必要が変動するところもあるため、よく冊子を確認してみてください!

3 スケジュール

パシポートの更新には最初に最寄りのパスポートセンター(最寄りのパスポートセンターは「◯◯県 パスポートセンター」と検索していただけると簡単に確認することができます!)に行き、更新の手続きを行ってから大体1週間程度かかります!
従って、旅行の予定などを考えて早めから更新の手続きを行いましょう!
更新手続きから1週間経過し、パスポートを受け取る際に証紙を購入するため手続きをする際はお金を持って行く必要はありません!
ちなみに値段は

となっています!

4 最後に

今回はパスポートの更新についてできるだけわかりやすく解説させていただきました。
パスポートの更新は人生でも数える程しかしないものだと思います!
ですので、少しめんどくさいと思ってもぜひ挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク